医院ブログ

contact_tel.png

2021.07.19更新

暑中お見舞い申し上げます。誠に勝手ながら、8月14日(土)は夏季休診でございます。ご注意くださいませ。

1

投稿者: 池田胃腸内科

2021.07.13更新

当院のホームページへようこそ。

梅雨明けも間近であろう九州北部地方、7月も半ば、文字通り夏を迎えます。そして一足早く夏を感じるものがあります。そう、夏野菜です。きゅうりにオクラ、トマトにとうもろこし、そして”ナス”・・・黒紫色の艶やかな輝きが美しく、ひときわ目をひきます。

1

今日はナスのお話しです。ナスは90%以上が水分で構成され、からだを冷やしてくれる作用があり、暑い夏にぜひ食したい野菜です。皮にはポリフェノールが豊富に含まれ抗酸化作用が期待できますよ。ナスは焼いて良し、炒めて良し、揚げて良し、煮て良し、いろいろな食感で私たちを楽しませてくれます。

食で感じる「夏の香り」・・・良いものですね。さあ、この暑さも食のちから、大地の恵みを糧として元気よく過ごしましょう!

1

投稿者: 池田胃腸内科

2021.06.17更新

当院のホームページへようこそ。

どんよりとした梅雨空、そしてジメジメムシムシの毎日で何とも言えぬからだの不調を感じてはいませんか?・・・食欲がない、胸やけがひどい、のどのつかえがある、下痢が続く、その他がんこな肩こりや頭痛など症状は多岐にわたるようです。

この頃に感じる不調は、季節特有の温度や湿度、気圧といった気象状況が体調に影響を及ぼすことが多いといわれています。

不快な症状でお困りでしたら、どうぞお気軽にご相談くださいませ。梅雨が終われば夏がやってきます。今のうちから、からだを整え、こころも元気に・・・さあ、暑さに「備えて」始動しましょう!

1

投稿者: 池田胃腸内科

2021.05.27更新

当院のホームページへようこそ。

1

平年よりもずいぶんと早く梅雨入りした長崎のまち、雨のしずくを湛えたあじさいが美しい季節です。今日はこの時季においしい野菜をご紹介します。

それは・・・そら豆・・・さやが天に向かうように上へ上へと育つ姿から「そらまめ」と名付けられ、その歴史は古く、日本には奈良時代に入ってきたようでございます。

このそら豆、栄養満点です。からだをつくる良質のたんぱく質が大変豊富です。また美肌づくりや免疫力アップに欠かせないビタミン類がたっぷりです。食物繊維も含まれ、からだに嬉しい効果がぎっしりのそら豆、さやごと丸焼き良し、塩ゆで良し、素揚げにかき揚げ良し、ポタージュにサラダ・・・おいしさは「無限大」です。

さあ、そら豆のように・・・空を見上げてみましょう!梅雨の晴れ間、雨上がりの虹なんか見えると良いですね。

1

投稿者: 池田胃腸内科

2021.05.07更新

当院のホームページへようこそ。

1

風薫るさわやかな5月を迎えました。山々のみどり、新茶のみどり、豆類の艶やかなみどり、新しい息吹を感じるかのような美しいみどりが、澄みわたる青空によく映えます。

さて、先日5日には沖縄地方が早くも梅雨入りしたようでございます。ここ長崎の地も、梅雨に向かって季節は移りかわっていきます・・・が・・・この「季節の変わり目」に何となく不調を感じる方が多いようです。

ここ最近、ひどい胸やけや繰り返す頑固なげっぷ、お腹の膨満感など不快な症状でお悩みではございませんか。症状でお困りの方、どうぞお気軽にご相談くださいませ。お待ちいたしております。

1

 

投稿者: 池田胃腸内科

2021.04.15更新

当院のホームページへようこそ。

並木のさくらが、すっかり若葉色に染まり春の真っただ中をやわらかな陽ざしが包む4月も半ば、食卓でも春を感じてみませんか!

魚偏に”春”と書いて・・・サワラ(鰆)・・・俳句の世界では春の季語であり、瀬戸内海沿岸地方では春告げ魚として長く親しまれてきた魚です。高たんぱくでビタミンがたっぷり、切り身で店頭に並ぶことが多く、その身は淡白でクセが少なく、いろいろな調理をして、その味わいを楽しむことができます。

「からだいっぱい」に春をまとい旬を告げる鰆、シンプルに塩焼き良し!香り高い西京焼きもまた良し!・・・ぜひ、今宵の一品にいかがでしょうか。

1

投稿者: 池田胃腸内科

2021.04.01更新

当院のホームページへようこそ。

はらはらとさくらの花びらが天高く舞う中、すがすがしい朝を迎えました。今日は4月1日、新年度始まりの日です。

さあ、年度初めです。国保ご加入の皆様方には、早速に"特定健診"の受診券がお手元に届きます。例年4月中の郵送です。特定健診では血圧値、コレステロール値、血糖値といった生活習慣病に深くかかわる検査項目があり、それを数字として「見る」ことができます。

健診は健康づくりの第1歩・・・目で「見る」ことで健康への意識を高める良い機会になります。特定健診の受診券の有効期間は1年間です。せっかくの年度はじめです。健康チェックの予定を立ててみませんか!

池田胃腸内科ではこの特定健診の受診を承っております。受診要領などご不明な点がございましたら、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。

1

 

 

投稿者: 池田胃腸内科

2021.03.09更新

当院のホームページへようこそ。

1

弥生の空からふりそそぐやわらかな陽に五感で春を感じます。時は3月・・・皆様の中には年度末であるこの時期が1年のうちで最も忙しいという方もおいでになるかと思います。加えて季節の変わり目であり、なんとなく不調であったり、日々の疲労が蓄積されているように感じる方も少なくありません。

さあ、そんな3月、旬の野菜には疲労回復パワーを豊富に含んだ野菜があります!

まずたけのこ、たけのこの表面の白い粉はうまみ成分のチロシンで疲労回復の働きを備えています。また食物繊維もたっぷりです。もうひとつはアスパラガス、疲労回復効果があるアミノ酸の一種、アスパラギン酸が含まれていますよ。

その時その時でひとのからだに必要な栄養素を届けてくれる旬野菜の数々・・・大地の恵みに感謝し「野菜のちから」で元気に日々を過ごしましょう。

1

投稿者: 池田胃腸内科

2021.02.16更新

当院のホームページへようこそ。

ほっとするような、うららかな陽ざしを感じる日もある今日この頃、時は2月も半ば、春の足音に耳をすませてみましょう。梅の花が咲きそろい、飛び交う小鳥たち、そのさえずりは春の訪れを喜んでいるようでもあります。

1

さあ、食の世界も春を迎えております。春キャベツに新玉ねぎ、菜の花、ふきのとう・・・たくさんの春が所狭しとならんでいます。寒い冬を乗り越えて育つ春野菜は独特の辛味や苦み、香りを持つものが多いのが特徴です。これらの元となっているものが植物性化合物”フィトケミカル”です。植物が害虫から身を守るために蓄える成分で、抗酸化作用が強く免疫機能を高めたり炎症や細胞の老化を抑える効果をもたらすとの研究結果があるようでございます。

淡い色あいにもぬくもりを感じる「春野菜」の数々・・・おいしさも栄養もたっぷりです。ぜひ食卓で季節のうま味を楽しんでみてはいかがでしょうか!

1

投稿者: 池田胃腸内科

2021.01.26更新

当院のホームページへようこそ。

さあ、来週からは2月です。暦に春を見つけましたよ。そう、2月3日は”立春”、そして2月2日は”節分”です!節分といえば豆まき、今日はその節分豆に関する「マメ知識」をおひとつご紹介いたします。

節分の豆まきには炒った大豆を使用します。これは火で豆を炒ることで豆そのものを清めるためといわれております。節分とは、その清められた豆を投げて邪気や魔物を追い払うという季節の行事であり、各地域によってもいろいろな風習や伝統があるようでございます。

豆を投げて邪気を払い幸福を願う・・・今年は新型コロナウイルスの早期収束を願い、節分の豆まきをし、恵方巻きをほお張る方もおいででしょう。福よ来いと祈り、春よ来いと願いつつ、寒さに負けず元気に春の陽射しを待ちましょう。

1

投稿者: 池田胃腸内科

前へ
院長ブログよくある質問
電話番号095-822-7792