医院ブログ

contact_tel.png

2017.06.29更新

当院のホームページへようこそ。

さて、長崎県は2015年度の県内21市町のがん検診受診率を発表しました。県平均の受診率は胃が14.1%、大腸20.4%となっています。長崎市でみてみますと胃が8.4%、大腸11.8%と県平均を大きく下回る数値となっています。

県は2017年度までに胃及び大腸の検診受診率を40%に引き上げることを目標に啓発活動に取り組んでいます。

あなたは「がん検診」を受けたことがありますか?

県医療政策課は胃がん・大腸がんの発症者が40歳代から50歳代で増える傾向にあり、長崎県では3人に1人ががんで亡くなっていると報告しています。

がんは・・・あなたがなり得る身近な病です。

当院では胃がん(内視鏡検査)及び大腸がん(便潜血反応検査)検診が可能です。また、大腸内視鏡検査(保険診療)もご予約を承ります。ぜひ、池田胃腸内科(☎095−822−7792)へお電話くださいませ。

「がん検診を受けたいのですが」・・・その一言を心よりお待ちしております。

あ

投稿者: 池田胃腸内科

2017.06.20更新

当院のホームページへようこそ。

明日6月21日は夏至です。一年の中で最も日が長いといわれる二十四節気のひとつです。

あ

昭和の中頃までは、この夏至の頃に田植えをしていたようで年中行事の中でも大きな労力を必要とする時期でした。そこで滋養のある食材や豊作を願っての食材が好まれるようになり、今現在も各地でそれらの食材が食卓を彩るようでございます。

九州熊本では小麦団子、香川の半夏生うどん、京都の水無月という和菓子が知られるところでしょうか。また関西地方ではタコを食すのが有名でタコの8本の足のように稲が八方に根をはるように、そう願いが込められているようです。

あ

さあ、四季がめぐる美しい日本、旬の美味しいものがたくさんありますね。美味しいものを美味しいと感じ食すことができる・・・実に尊いことであり、それはまた健康のバロメーターともいえるでしょう。

私どもは、その胃腸の健康を守るべく日々診療・検査の場をご提供しております。お悩みがございましたら当院へぜひともご相談くださいませ。お待ちしております。

投稿者: 池田胃腸内科

2017.06.12更新

当院のホームページへようこそ。

今度の日曜日、18日は父の日ですね。

あ

皆々様、お父様の健康状態はいかがですか。お勤めのお父様、職場検診をうけておられますか?職を離れたお父様、健康診断をうけておられますか?

日本対がん協会の垣添忠生先生は「日本人の2人に1人が生涯にがんを患い、3人に1人ががんで命を失う」と話しています。さらに注目すべきは「働く世代(20歳から64歳)のがん患者が増加している」とのお話しです。

がんはわたしも・・・そしてあなたも患うであろう身近な病なのです。

世のお父様!がん検診をうけてみませんか!!

当院は平日お勤めの方にもぜひ「胃がん検診」を受けていただきたく土曜日も検査を行っております。また、平日の午後も検査を承ります。加えまして、大腸内視鏡検査(保険診療)も土曜日の検査が可能ですので、どうぞご予約くださいませ。

18日・・・なにか形あるものを贈るもよし、形はなくとも元気でいてほしい、その思いを届けるもよし・・・すてきな父の日になりますように。

 

 

投稿者: 池田胃腸内科

2017.06.01更新

当院のホームページへようこそ。

世の中には「春バテ」なる言葉があるようです。

ウーマンウェルネス研究会(代表:対馬ルリ子医師)によりますと働き盛り世代の9割の方が3月から5月にかけての激しい寒暖差や気圧差、それらに加えて年度替わりの生活環境の変化により身体に何らかの不調を感じているとの発表がありました。

今日から6月、春の疲れを感じやすくなる時節です。そしてまもなく九州地方も梅雨をむかえます。

あ

ジメジメ陽気も手伝って「食欲がない」「胸やけがつらい」「吐き気が続く」「からだがだるい」など様々な不調や不快感に悩む方が少なくありません。

気のせい、気のせいと我慢せずぜひご相談ください。お待ちしていますね。

投稿者: 池田胃腸内科

院長ブログよくある質問
電話番号095-822-7792